future

未来のクルーへ(未来のお客様、スタッフへ)

瀬戸内サニー株式会社は一貫した理念と使命のもとにお客様や地域の方々とお仕事をしています。

面白く照らすことの大切さ

例えば、2018年に発生した西日本豪雨のときに制作し、社会現象となった復興応援動画。背景には、会社の使命である「瀬戸内から世の中を面白く照らす」がありました。

僕は兵庫県出身で幼少期に阪神淡路大震災を経験しました。また、大学3年時に発生した東日本大震災ではボランティアツアーに何度も参加しました。一方で、自分の小ささも知りました。だからこそ、同じような有事の際に世の中を元気にするような、世の中が晴れるようなアクションを取りたいと思ったことが起業のきっかけでした。

この動画は豪雨の直後に発案して、岡山の友人に相談し実施しました。岡山県庁、愛媛県庁、広島県庁をはじめ、地域の企業様、スポーツチーム、団体、アーティスト、住民の方々にご協力いただき、合計600人以上が出演する動画を制作しYouTubeで配信しました。

そして、配信後からがネットメディアとしての勝負です。いかに世の中で拡散されるか。上位表示されるためのYouTubeアルゴリズムの最適化、SNS上での文脈形成・話題作り、Yahoo!やSmartNews、Gunosyなどのアグリゲーションメディアのトップ入りへの施策、瀬戸内や東京エリアの大手メディアへのプロモート。キー局およびローカル局への波及や連続して取材してもらうための工夫。やれること全てをやりました。

その結果、YouTube・SNS→ネットメディア→マスメディアというメディア循環を生み出し、動画の再生回数は40万回を超え、ネットメディアおよび大手メディア100媒体以上に掲載。何より心に残っているのが、災害後に激減していた岡山県の観光名所・倉敷市美観地区への観光客数が好転する一助にもなったと地元の方から感謝の言葉をいただいたことです。

1年目にこの「瀬戸内から世の中を面白く照らす」という使命レベルでの取り組みができたことが、今の瀬戸内サニーの羅針盤になっています。

瀬戸内発の一流を目指して

株式会社アイム様と継続している地元応援特集も瀬戸内サニーの軸とする取り組みです。東京からではなく、瀬戸内・香川といった地域発で情報発信をするネットメディアとして、お客様が展開するスキンケアブランド「ライスフォース」の地元応援文脈の形成、地域を軸としたSNSブランディングを実施しています。

ご提案をお持ちした時に、「こういう相談ができる会社が香川にあって嬉しい。東京でやってるような提案の感覚でした」と言っていただけたのは純粋に嬉しく、今でも支えになっています。

取り組み自体はSNS上で大きな話題を呼び、「地元を紹介してくれてありがとう!」「今後の取り組みも楽しみです」との反響が多数生まれ、数値面でも弊社の実績を大きく上回る結果となりました。

時には「御社だったらもっとこういうことできるんじゃないですか?」とか「次はこんなチャレンジを一緒にしませんか?」と、一歩も二歩も先を見据えたご提案を逆にいただくこともあり、地域のお客様に育てていただいているなあと実感しています。だからこそ、そういったお客様に恩返しできるくらい、地域のプラットフォーム企業として成長したいという思いが、会社3年目に入った現在、より強くなってきました。


コロナ時代を代表する地方発ベンチャー企業へ

弊社のビジョンは「瀬戸内から時代を代表するベンチャー企業へ」です。難しい挑戦だからこそ、お客様やスタッフ、地域のみなさまと一丸となって、瀬戸内から一流が生まれる居場所を作って高め合っていきたい。その航海を共にしてくださる企業様や学生、社会人のクルーのみなさん、ぜひ気軽にお声がけください。これからのデジタル時代の大海原を渡っていく航海図をともに描き、船を進め、新たな時代を一緒に瀬戸内からつくっていきませんか。


瀬戸内サニー株式会社 代表取締役社長 大崎龍史

Contact

お仕事、取材、採用等、お気軽にお問い合わせください。

お名前

会社名・団体名

電話番号

メールアドレス

メール内容

お問い合わせ内容

代表連絡先(SNS&メール)

  • Facebook:https://www.facebook.com/ryushi.r.osaki
  • Twitter:https://twitter.com/RyushiOsaki
  • Mail:ryushi.osaki@setouchi-sunny.com