Setouchi Sunny
Sailing Way

瀬戸内サニー株式会社は、
「瀬戸内・四国地域から、時代を代表するメガベンチャーを育てる」
ことをビジョンに掲げ、邁進します。

About Us

BRING UP THE SUN!!

太陽(笑顔)を育む

瀬戸内サニー株式会社は、会社経営、人材育成&採用、事業展開等すべてにおいて、「小さく産んで、大きく育てる」ことを重要な行動指針にします。そのためのメッセージングとして、「Bring Up The Sun!!~太陽(笑顔)を育む~」を定めました。その上で、瀬戸内サニーに乗船したクルーは以下3つのマインドを大切にします。

Sailing Mind

1

Local First(地域視点)

何よりも地域を愛し、地域で生活する人々や企業の方々にとって太陽のような光を照らす価値提案を根本として、サービス、プロダクト、インフラ等を徹底して育てていきます。

2

Challenge(挑戦的)

積極的に新しいことに挑戦し、仲間もその挑戦を応援し、サポートします。ただ、ときには委縮したり、落ち込んだり、悩んだりするかもしれません。だからこそ、成長のための失敗を許容する会社を目指します。あなたの挑戦を歓迎します。

3

Respect(尊敬心)

瀬戸内サニーの仕事は、仲間なしには成り立ちません。仲間を心から尊敬し、仲間とともに自らの思考や思想を発展・共鳴させることで、今までにない仕事を世の中に生み出していきます。もちろん、人間関係に悩んだり、苦手意識を持つこともあると思います。けれども、視点を変え、その人の良さに光を当て、個のチカラだけではなく、チームとしてベストな仕事を産み出すことを大切にします。

Message 代表メッセージ

僕は、瀬戸内・四国地域、そして香川県が大好きです。多様な食文化やそこで生活する人たち、疲れた心を癒してくれる瀬戸内海。観光というよりも、大学時代に過ごした、その日常が大好きになりました。

けれども、その日常の当たり前にある文化や人々の生活、サービスが人口減少とともに、今失われていっています。だからこそ、僕は、人口減少時代において、これからの時代に求められる会社を作りたい。その思いから、2018年1月11日に香川県高松市に会社を設立しました。

設立にあたり、社名「瀬戸内サニー」には3つの意味を込めて名付けています。

1つ目は、地域にとって無くてはならいない存在になりたい。瀬戸内地域から日本に光を照らす太陽(Sunny)のような会社でありたいという意味を込めています。

2つ目は、漫画「ONE PIECE」で出てくるサニー号から着想を得て、漫画の中で新世界を進む船といて作られたサニー号のように、これから大きく時代が動く日本社会において、時代の追い風を受け、新しい日本社会を瀬戸内・四国地域から育てていく船でありたいという意味を込めています。

3つ目は、子どもでも親しみやすくて覚えやすい名前にしたことで、地域の子どもたちが「瀬戸内サニーで働きたい!」や「瀬戸内サニーのお兄さん、お姉さんみたいに地域で活躍したい!」そう思ってもらえる、子どもたちの言の葉に乗り、彼ら彼女らにとって身近な目標や憧れの会社でありたいという意味を込めています。

この3つの意味をもって、2018年1月11日に香川県高松市より瀬戸内サニー号は出航いたしました。

まだまだ出航したての船ではありますが、ベンチャーマインドを持って日々精進していきます。どうぞよろしくお願いいたします!

瀬戸内サニー代表取締役社長兼船長
大崎 龍史

News

2018.04.06

「サニーTV」テレビ局クルーとしてキャラクター「サニちゃん」が誕生!!

「サニーTV」テレビ局クルーとしてキャラクター「サニちゃん」が誕生。サニちゃんを軸に番組告知をスタートします。「地域発のファーストペンギンであれ」というメッセージを込めて、ペンギンをモチーフにキャラクターデザインをしております。特徴として、頭には情報を発信する電波塔「サニ毛」を生やしており、香川県地域の情報をキャッチする「万能よだれかけ」を身につけております。主にTwitterから番組の告知や宣伝等を行っていきます。

2018.04.06

プレ開局として、4月7日に「瀬戸大橋30周年記念花火大会」をライブ配信!

プレ開局として、4月7日に「瀬戸大橋30周年記念花火大会」のライブ配信を実施します。坂出商工会議所の協力のもと、中四国最大規模15,000発の花火の模様をFacebookにてライブ配信します。また、開局にあたり瀬戸大橋にまつわるエピソードを紹介する企画「Setouchi Story」もFacebookにて実施しております。

2018.04.06

インターネットテレビ局「サニーTV」を4月10日に開局!

サニーTVは、次の時代の地域をポジティブかつポップに照らす「サニる!」をコンセプトに掲げ、番組制作および配信をする香川県発のインターネットテレビ局です。香川県地域、そして将来的には瀬戸内・四国地域の人々に求められる情報インフラになるために、瀬戸大橋開通30周年という節目と同じタイミングで開局します。

Works

●インターネットテレビ事業
現在、スマートフォンは爆発的に普及し、さらに国民の7,000万人以上がFacebook、Twitter、LINE、Instagram、YouTubeといった何かしらのSNSを利用しています。そういったテクノロジーインフラを活用し、地域の人々、自治体、企業にとってポジティブな影響を与える情報インフラとなるべく、瀬戸内・四国地域発のインターネットテレビ事業を育てています。
●デジタルマーケティング運用業務
マーケティングのコミュケーション戦略の立案から実行まで、SNSを軸にクライアント様の認知向上、集客、ファンづくりに貢献します。また、デジタルにとらわれず、PRやイベントなども含めてトータルでコミュケーション設計から実施までを行います。
●講演・執筆
奈良県生駒市、静岡県御前崎市などの自治体様、また、経済産業省様、野村総研研究所様、株式会社デルフィス様などの企業様に向けての講演実績があります。市民向けや職員向けなど幅広く地域マーケティングや地域に関する市民目線の取り組みの講演をしております。また、執筆も承っております。

Partner Crew

瀬戸内サニーでは、瀬戸内サニーに関わっていただく全ての人を「パートナークルー」と呼んでいます。

その中でも、自発的かつ長期的に一緒に事業を育てる存在としての「サポータークルー」、大学生ながらも瀬戸内サニーで学びたいと言ってくれた「インターンクルー」、お客様として瀬戸内サニーに関わってくださる企業・自治体の方たちを「クライアントクルー」と愛着を込めて呼んでいます。新しいフラットな関わり方を作ることにこだわりました。

●クライアントクルー(お取引先一覧)
経済産業省株式会社野村総合研究所日本政策金融公庫株式会社デルフィス
株式会社トライバルメディアハウス

瀬戸内サニー株式会社

社 名 瀬戸内サニー株式会社 / Setouchi Sunny, Inc.
本社所在地 香川県高松市
設立日 2018年1月11日
代表取締役 大崎龍史 / Ryushi Rocky Osaki
社外取締役 真鍋康正 / Yasumasa Manabe
連絡先 info@setouchi-sunny.com
Setouchi Sunny Bring Up The Sun!!